« 顧問ズの悲劇?:コミュニティビジネスの寓話 | Main | 絢香: Jewelry day »

ワークライフバランス:前安孫子市長 福嶋浩彦氏のお話

 昨日、前安孫子市長の福嶋浩彦氏にお話を伺った。中心的な内容は、「提案型」の民間委託の話である。また、議会とのお話なども伺った。

 特に、印象的であったのは、会社人間であった人たちが、なかなか「地域人間」に戻れないということである。地域人間というのは、肩書も何もない素の自分ということである。そのために、なかなか地域活動に溶け込めないという問題もあるそうである。

 やはり重要なのは、ワークライフバランスなのかもしれない。現代社会においては、会社人間である前に、一人の自己として、地域人間、家庭人間としても、日頃から、その役割を考えていかないと、いざ、会社人間を離れる時に、いろいろと問題がでてきてしまうのかもしれない。

|

« 顧問ズの悲劇?:コミュニティビジネスの寓話 | Main | 絢香: Jewelry day »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/15657913

Listed below are links to weblogs that reference ワークライフバランス:前安孫子市長 福嶋浩彦氏のお話:

« 顧問ズの悲劇?:コミュニティビジネスの寓話 | Main | 絢香: Jewelry day »