« せつない「恋」のうた | Main | 逢見さんが差し入れてくださったタスマニアワイン »

企業に、ワークライフバランスの意識を!

 昨日の福嶋さんのお話を聞いて、「ワークライフバランス」が重要だと強く感じたのですが、それを実現していくためには、企業側が積極的に、「ワークライフバランス」を実現するための意識を持っていく必要があると思った。

 これまで、CSRの研究をしてきて、CSRの観点から、「ワークライフバランス」が実現できるような会社が、もっと評価されるようになるべきではないかということも感じた。

 また、福嶋さんのお話の中で、「「大きな公共」と「小さな政府」」という言葉についても、興味深かった。これは、ぼくが、これまでも機会があれば訴えてきたことである。日本では、どうしても「公共=政府」という認識が強いみたいなのだが、実は、「公共=政府」ではない。

 ぼくは、「公共」とは、個々人の中にあるもの。と言っている。社会的関係性そのものこそが、「公共」なのではないか。

 今後、財政制約の中で、「小さくて効率的な政府」が進められ、また規制緩和、市場化、自由化の中で、問われてくるべきものは、個々人の中にある「公共性」なのであろうと考えている。

 そのとき重要なのは、「企業の公共的活動」であり、「個人の公共的な活動」である。それを精神的にも時間的にも、大きく飛躍させるもののひとつとして、「ワークライフバランス」の考え方は、かなり重要になると思う。

 そこで、先日、公表したやおいたしゅんぺいマニュフェスト「信頼できる国 日本」の中に、「ワークライフバランス」の推進ということも加えたいと思う。

 社会の信頼を向上させるために、「ワークライフバランス」の考え方は、かなり重要であろう。

|

« せつない「恋」のうた | Main | 逢見さんが差し入れてくださったタスマニアワイン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/15666936

Listed below are links to weblogs that reference 企業に、ワークライフバランスの意識を!:

« せつない「恋」のうた | Main | 逢見さんが差し入れてくださったタスマニアワイン »