« 桑田真澄物語 | Main | 伝説を作った男:川口能活 »

ある意味都市伝説的な「社会の常識?非常識?」

 ある意味、都市伝説に近い話、こんなお話を聞きました。

(1)お弁当にまつわる伝説

とある会合で、各自、好みのお弁当が食べられるようにと、数種類のお弁当が準備されていたそうです。
普通ならば、机の上に、お弁当が並んでいて、「お好きなお弁当をお選びください」という案内が書いてあるかと思いきや、業者が宅配用にお弁当を詰め込んだダンボール箱にお弁当が入ったまま、ドカーンと机の上においてあって、そのダンボールで、「お好きなものを取ってください」という紙が貼られていたという。

なんとなく、外から運んできたダンボール(たぶん、運ぶ過程で、地面に置いてたりするはず)を、これからご飯を食べようとする机の上に置いてあるのもどうかと思いますが、ダンボールの中に、お弁当が入ったままだったら、「好きなもの」は選べませんよね。というか、どんなお弁当があるのかさえもわからないと思うのですが。(汗)

(2)早退していたはずなのに、なぜか夜の懇親会にはいたという伝説

とある会合に行ってみると、その日、早退したはずの人が、夜の懇親会には来ていたということがあったそうです。

(3)「皆に相談しました」伝説

とある会合で、座席のセッティングの準備のときに起こったという伝説。準備担当者から、当初の人数より少なくなったので、当初想定していた座席配置から、皆で相談した結果、変更をします、という連絡があったらしいのです。しかし、その会合の主催者の人は、相談を受けていなかったらしく、「皆」って、誰のことなんだろう、という摩訶不思議な現象が起こったということがあったらしいです。

|

« 桑田真澄物語 | Main | 伝説を作った男:川口能活 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/15820138

Listed below are links to weblogs that reference ある意味都市伝説的な「社会の常識?非常識?」:

« 桑田真澄物語 | Main | 伝説を作った男:川口能活 »