« そのまんま東の傲慢 | Main | 「そのまんまの憂都」問題 »

そのまんま東への質問

新そのまんま日記!の4月9日の投稿では、次のように書いてある。
--------------------------------------------
東京に「革命」「改革」の機運はまだまだ起こらない。起こるための決定的でかつ現実的なファクターが薄い。いや、多数の人々が薄いと感じている。いや、気付いてないのだ。もしかすると気付きたくないのかも知れない。気付きたくない人が都会に集中してくるのかも知れない。
 
 「革命」より「夢」や「可能性」が優先される。「夢」と「可能性」を信じるために保守であり続けなければならない街――東京。
 「改革」に気付きたくない都市、東京。
 保守であることによって理想と「夢」を、実際に「夢」が存在することを演出した街。ある意味、それが人々の理想であることが皮肉な現実である。
 
 選挙は、ときに、社会とその社会に暮らす人々とそれらの正体・実体を浮き彫りにする。逆に言えば、それらへの先見が選挙を制する企てと言えよう。
 
 東京は創造(変化)を一旦拒否した。東京の傲慢は復活した。これで暫く、東京は変わらない。日本も変わらない。それが是であるか非であるか?その検証も当面封印された。
-----------------------------------------

問(1) 言語的に、「革命」と「改革」は同じものなのでしょうか?
問(2) 「革命」よりも、「夢」や「可能性」を優先することは、なぜいけないのでしょうか?
問(3) そもそも「保守」の反対概念は、「改革」なのでしょうか?むしろ、「革命」、「進歩主義」、「前衛」というような概念が、保守の裏側にあるのではないでしょうか?
問(4) 保守の本質とは、「維持するために、変わること」です。つまり、そのまんまさんがおっしゃっていることとは、つまり、「保守」であり続けろ、というメッセージとして、つじつまが合わないのですが、いかがでしょうか?
問(5) ちなみに、この記事のタイトルは、「電波知事の憂都」ですが、「電波知事」とは、誰のことでしょうか?

都を憂う前に、知事として、足下の県政にしっかりと取り組んでください。「定例記者会見って、必要なんですか?」というほうが、傲慢だと思います。

|

« そのまんま東の傲慢 | Main | 「そのまんまの憂都」問題 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/14910641

Listed below are links to weblogs that reference そのまんま東への質問:

« そのまんま東の傲慢 | Main | 「そのまんまの憂都」問題 »