« 日本の税制をどうするか | Main | そのまんま東への質問 »

そのまんま東の傲慢

そのまんま東が4月9日に自分のblog上で書いた記事が物議を呼んでいる。

問題となっている発言は、「東京は創造(変化)を一旦拒否した。東京の傲慢は復活した。これで暫く、東京は変わらない。日本も変わらない。それが是であるか非であるか?その検証も当面封印された」というものである。

4月23日の石原知事の会見の中で、下記のような質疑応答がなされた。
---------------------------------
【記者】3期目を迎えるに当たりまして、実は宮崎の東国原知事がホームページ上で当選後に、「東京の傲慢(ごうまん)は」、都知事に対して、「東京の傲慢は復活した」という言葉を載せたんですが、その点に関しては。

【知事】何をもって傲慢とするのか、もう少し詳しく聞かしてもらいたいね。だから、そんなのやるなら、週刊誌か何かのキャッチフレーズだけをとらえて、あまり軽率にものを言わない方がいいんじゃないかな。知事までなった人ならば。
---------------------------------

これに対し、そのまんま東は、「傲慢なのは、都知事のことを指すのではなく、都民のことを指す」というような発言をしたとのことである。これは、4月27日の石原知事の記者会見(13分30秒)の中で、日本テレビの「バンキャ!」の記者の発言から判明する。これに対し、石原知事は、「目の前で言え、俺の前で言ってみろ」。「発言のつじつまが合わない」、「もう一度、政治の勉強をして出直して来た方が良い」と発言している。

さて、そのまんま東の趣旨は、本当に、「都民批判」なのだろうか?もし、本当に都民のことを指しているのであれば、知事という公職にある政治家の発言として許されるものなのだろうか。
ただ、「都政に満足して、変革を求めず、保守的でありたいということが傲慢だ」という発言を、宮崎県知事であるそのまんま東がすることこそが、民主主義の基本を否定する宮崎県知事の傲慢ではないか。

|

« 日本の税制をどうするか | Main | そのまんま東への質問 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/14897440

Listed below are links to weblogs that reference そのまんま東の傲慢:

« 日本の税制をどうするか | Main | そのまんま東への質問 »