« 価値と手段 | Main | 元気の出る夕張チャレンジ宣言 »

合理的経済人

 こういう話を聞いたことがある。

 ある信仰の厚い人が、自分の力で、畑を耕すできず、周りの人々にも見放された。このとき、神は、「良きサマリア人」を、その者に差し向け、手を差し伸べた。この「良きサマリア人」の助けにより、その者は、畑を耕すことができ、果実を得ることができた。しかし、その者は、「良きサマリア人」に、「なぜ助けたのか、私は神を信仰し、お前に助けられなくても、きっと神が助けてくれた。だから、お前は余計なことをしただけのだ。お前に、この畑でとれた果実であげられるものは何もない」と言い、追放した。

 しばらく経ったのち、畑は再び、荒廃した。その者は、神に向かって言った。「私は、あなたのことを、これまで、信仰してきました。なのに、あなたは、なぜ、私を助けてくれないのですか」

 神は、その者に言った。「私は、最初に、その畑を与えた。次に、お前の友人を与えた。それでも、お前は、自分の力で、畑を耕そうとしなかった。しかし、私は、信仰の厚いお前のために、「良きサマリア人」までも差し向けた。これ以上、何を望むのだ」

 合理的経済人は、本当に合理的なのであろうか?

|

« 価値と手段 | Main | 元気の出る夕張チャレンジ宣言 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 合理的経済人:

« 価値と手段 | Main | 元気の出る夕張チャレンジ宣言 »