« 諸葛亮孔明 | Main | 兵とは詭道なり »

孔明にとっての学問

横山光輝の「三国志」より

水鏡先生曰く、

孔明にとって学問は高いも低いもない
その学識を役に立てられるかどうかが問題なのだ

あの男は、大器量人であり、すぐれた知略家だ。

だが、あの男は、そう簡単に動く男ではない

|

« 諸葛亮孔明 | Main | 兵とは詭道なり »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 孔明にとっての学問:

« 諸葛亮孔明 | Main | 兵とは詭道なり »