« オバマ氏出馬宣言:米国大統領選2008 | Main | 風林火山 »

スピーチ原稿:草稿

 いま、この国に必要なのは、無謀な英雄でもなく、強欲な賢者でもありません。

 いま、この国に本当に必要なのは、いかなる困難にも立ち向かうことのできる強い意志と勇気と、そしてアイディアを持つリーダーなのです。

 私は、民主主義社会のリーダーとして、私たちの社会が共有することができる「自由」の理念を追い求め、同時に、「自由」の裏側にある「責任」も求め、再び、社会に正義をもたらすことを約束します。

 そして、私は、私たちの世代だけではなく、私たちの子供や孫たちが、この国の素晴らしさや希望を継承することができように、あらゆる困難に挑戦をしていく覚悟です。

 建国の父たちは、この新たな大地に降り立ったとき、果てしない夢と希望を胸に携えたに違いありません。そして、現代にいたるまで、さまざまな挑戦を続けてまいりました。

 私たちも、この国を、この社会を、そして、この世界を前進させるために、挑戦を続けなければならないのです。

 この多元的な社会において、それぞれが持つ価値観、理念を大切にし、異文化交流の中で、新たな公共を、国民ひとりひとりの手で、作り上げていかなければなりません。

 公共とは、特定の誰かが、政府が、作るものなのではなく、国民ひとりひとりの中から、自発的に生まれるものなのであります。

 ジョン・F・ケネディ大統領は、「この国があなたたちに何ができるのかを考えるのではなく、あなたたちがこの国に何ができるのかを考えるべきだ」と言いました。

 いま、重要なのは、政府に依存し、政府から与えられる自由を期待することではありません。

 いま、重要なのは、私たちひとりひとりの心の中に、政府を持ち、公共のために、この国のために、私たちの子供や孫たちのために、できることをするという自由を勝ち得ることなのです。

|

« オバマ氏出馬宣言:米国大統領選2008 | Main | 風林火山 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/13864828

Listed below are links to weblogs that reference スピーチ原稿:草稿:

« オバマ氏出馬宣言:米国大統領選2008 | Main | 風林火山 »