« 原稿の締め切りについて | Main | 9月28日のお話 »

「決してあきらめない」信念と決断に伴う覚悟

Shumpei_9_5

記者:あえて言うならば、リーダーの条件、指揮官の条件とは何ですか?

矢尾板:それは、「決してあきらめない」という強い信念と、決断に伴う強い覚悟ではないでしょうか。勝負に固執すると、視野が狭くなるので、さらに敗戦につながる可能性があるので、そういう意味での「あきらめない」ということではなく、戦況の打開をあきらめずに、打つべき手を尽くす、カードを切っていくということでしょう。

戦術には、いろいろなオプションがあります。それを常に練習しているわけです。そのオプションは、最も効果的な場面で使っていかなければいけない。ただ、リスクを伴うこともあるわけです。例えば、得点ができず、とにかく1点が欲しい。そのとき、リスクを承知で、ディフェンスのカードを取り、攻撃を1枚加える。すると、守備面では、非常なリスクを負うのです。いつ、どのオプションを使うかを冷静に決断していかなければいけないし、その決断には責任が伴うのです。その責任を全て負う覚悟がなければ、カードは切れません。だから、決断に伴う強い覚悟も必要なのです。

常に、選択を迫られるのです。ifは、私たちの世界にはない。私たちの前にあるものは、現実です。その状況を動かすことは、とても難しいことです。ただし、勝負をしているわけですから、そこから逃げられない運命を背負っているのです。

いま、ぼくが持っているオプションは、あまり多いとは言えません。ただ、常に、持っているカードを切りながら、ゲームメークをしていかなければいけません。

記者:なんだかサッカーのような話になってしまいましたが、これはサッカーの話ではなく、別なお話。。。

|

« 原稿の締め切りについて | Main | 9月28日のお話 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/12030005

Listed below are links to weblogs that reference 「決してあきらめない」信念と決断に伴う覚悟:

« 原稿の締め切りについて | Main | 9月28日のお話 »