« 最近の恋のお話 | Main | らいおんはーと 最終回 »

自由民主党総裁安倍晋三

Shumpei_2_9


 総裁選の結果、どう読むかについては、賛否がわかれるところだろう。ただ、安倍新総裁が課されたハードルは高くなった。

 投票結果

  安倍 晋三 464票(議員票:267票、党員票:197票)
  谷垣 禎一 102票(議員票66票、党員票:36票)
  麻生 太郎 136票(議員票:69票、党員票:67票)

 印象的だったのは、安倍さんの議員票数が発表された時の安倍さんの「エッ」という一瞬驚いた表情。この総裁選、安倍さんの勝利はほぼ既定路線。見所は、安倍さんが何票取れるのか、第2位はどこまで票を取れるのかだった。安倍陣営の票読みは、議員票は、280-300だっただろう。500票超えが、ひとつの判断基準だったから、党員票は、200-220が最低ライン。それが、いずれも達成できなかった。これは、麻生さんと谷垣さんが健闘した結果でもある。

 これで、安倍さんは党内で、小泉さん風に、党内世論を無視できなくなった。小泉さんはクーデター的に総裁選になったから、つまり、本命を倒しての勝利だからこそ、党内世論と意見が異なっても、「それなら、私を総裁に選ばなければいい」と言えた。しかし、安倍さんは、本命候補で、唯一の力の源泉が得票率70%を超えた圧倒的支持であったが、それは達成できなかった。安倍さんは、あまり強権的には行けないだろう。

 次に、麻生さんは、安倍さんが病気に倒れた時の総裁継承権を得た。石橋-岸、池田-佐藤のパターンで行けば、安部さんに何かあったときは、麻生さんが継承権第1位を主張できる。そして、谷垣さんも100票を超えたことで、ある程度、発言権は確保できた。

 安倍さんのハードルは、まず、人事だ。これだけバンドワゴン的に安倍乗っかり組が増えると、人事の不平不満が必ず出る。みんなが満足できる人事は難しい。だからと言って、上記に書いた理由で、小泉手法は通じない。つまり、これから安倍さんは、常に自民党内の不平不満を聞きながら、政権運営、党運営をしていかなければいけないのだ。

 安倍さんの課題は、まず、国民の支持だけは絶対に手放さないこと。そして、補欠選挙に2敗だけはしないことが重要だ。

 安倍さん、これからがなかなか大変だ。

(予想)
幹事長 :中川秀直
総務会長:谷垣禎一
政調会長:中川昭一
国会対策委員長:甘利明

官房長官:与謝野馨
財務大臣:柳澤伯夫
外務大臣:麻生太郎
総務大臣:伊吹文明
法務大臣: 高市早苗
農林水産大臣:武部勤
文部科学大臣:町村信孝
国土交通大臣:冬柴鉄三
厚生労働大臣:丹羽雄哉
経済産業大臣:二階俊博
環境大臣(地球環境問題担当)・内閣府特命担当大臣(五輪担当):石原伸晃
国家公安委員会委員長/内閣府特命担当大臣(防災/有事法制担当):根本匠
内閣府特命担当大臣(経済財政・金融担当):渡辺喜美
防衛庁長官:額賀福志郎
内閣府特命担当大臣(規制改革/行政改革担当/構造改革特区・地域再生担当):山本有二
内閣府特命担当大臣(拉致担当):中山恭子
内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策):参議院枠
内閣府特命担当大臣(科学技術政策/食品安全/情報通信技術(IT)):参議院枠

官房副長官:塩崎恭久
官房副長官:世耕弘成

|

« 最近の恋のお話 | Main | らいおんはーと 最終回 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/11978759

Listed below are links to weblogs that reference 自由民主党総裁安倍晋三:

« 最近の恋のお話 | Main | らいおんはーと 最終回 »