« 安倍官房長官出馬宣言 | Main | 人材募集 »

小泉内閣の5年間:感慨深い夜

 安倍さんが出馬宣言をして、いよいよ9月20日の総裁選が本格的に始まった。いま、日本は、さまざまな政策的課題に直面している。その中で、しっかりとした政策の議論をしていって欲しい、このように願うわけであります。

 ただ、いよいよ小泉内閣が終わってしまうんだと思うと、一抹の寂しさが、なんとなく、感じてしまう。

 もちろん、政策の検証、評価は、政策創見ネット21で上梓した『小泉改革とは何だったのか-政策イノベーションへの次なる指針-』や近日公開する小泉改革のシンポジウムなど、いろいろあると思います。

 ぼくが、政策分析ネットワークの事務局に入ったのが、2001年3月。そして、すぐに、小泉内閣が誕生し、当時、政策分析ネットワークの代表をしていた竹中先生が大臣になった。その後、政策分析ネットワークでも、いろいろなことがあった。

 この5年間を振り返ると、長かったようで、けっこう短かったような気がします。メールを整理するために、過去のメールを見ると、例えば、2004年の7月頃は、すごい状況だったなと、苦笑いをついしてみたり。
 いろいろ面白いことがあり、大変なこともあり、いろいろなことを学んできた。今でも、いろいろな方にお世話になり、ご指導をいただいています。心から感謝をしております。

 少し、小泉内閣の5年間と自分の5年間を重ね合わせて、感慨深くなってしまった夜でした。 

|

« 安倍官房長官出馬宣言 | Main | 人材募集 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/11724643

Listed below are links to weblogs that reference 小泉内閣の5年間:感慨深い夜:

« 安倍官房長官出馬宣言 | Main | 人材募集 »