« 恋愛を楽しみ、人間を楽しむ。 | Main | 経歴 »

愛が生まれた日

 久しぶりに、竹内まりやの『純愛ラプソディ』を、突然口ずさんでしまった矢尾板俊平です。
 自宅のCDラックを探すも見つからず、ちょっと困っています。「あなたとの~」

 でも、違うものが見つかってしまって、びっくり。なんと、昔、録音した『愛が生まれた日』が出てきてしまいました。本来、『愛が生まれた日』は、藤谷美和子と大内義昭のデュエットなのですが、実は、幻の限定1枚のCD、ぼくが歌っている『愛が生まれた日』があるんですね。ちゃんと、8インチCDに収録されていて、市販用のケースに入っています。

 ○○○○○・矢尾板俊平 「愛が生まれた日」 という感じです。

 ちなみに、女性パートは誰が歌っているのかということは、内緒です。

 もう一枚、久保田利伸「LA・LA・LA LOVE SONG」 が見つかりました。イントロ聞くだけで、振り付けと歌詞が出てくるのは、自分に感心してしまいます。

 でも、「愛が生まれた日」が1994年、「LA・LA・LA LOVE SONG」が1996年、「純愛ラプソデイ」もその頃と、突然、10年前の歌が懐かしくなってきいてしまいました。その後に、辛島美登里のアルバム。もともと、ぼくは、このあたりの曲が好きなのです。むしろ、青春というか思春期だったというか。このあたりのラブソングを聞くと切なくなりますね。
 
 あと、高橋真梨子の「はがゆい唇」とか、いいですよね。

 久しぶりにラブソングを書きたくなりました。

|

« 恋愛を楽しみ、人間を楽しむ。 | Main | 経歴 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 愛が生まれた日:

« 恋愛を楽しみ、人間を楽しむ。 | Main | 経歴 »