« イングランドから学ぶこと | Main | 夜空のさき(24) »

クロアチア戦の戦略

 今回のW杯、けっこうミドルシュートが決まっているように思えます。

 ぼくは、どんどん、シュートを打って良いと思います。そのミドルで得点できれば、オーケーだし、ボールがこぼれれるところを、詰めれば、得点チャンスになるし。

 守備が堅いときは、特に、ミドルを打っていって、チャンスを広げることが重要です。

 クロアチア戦の戦い方ですが、いまのところ、スターティングメンバーは、

               高原

           中村      中田

     小笠原              小野
               福西


     中田浩   中澤   宮本   加地

               川口

 そして、とにかく走りまくり、2タッチで、パスを回していき、サイドから仕掛けていくという感じだと良いのではないかと思います。たとえば、加地がオーバラップしたときは、小野が低めに入るとか、昨日のベッカムのような動きができると良いと思います。高原はポスト役であるとともに、積極的に、とにかく泥臭くてよいので、シュートを打つこと。俊輔、中田、小笠原、小野も積極的にミドルを打つこと。

 さらに、オートマティズムで、攻守の切り替えを早くしていくこと。

 これが重要だと思います。

 秘策は、途中で加地と大黒の交代、場合によっては、巻や玉田の投入もありです。あと、稲本の投入ですね。

|

« イングランドから学ぶこと | Main | 夜空のさき(24) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/10550317

Listed below are links to weblogs that reference クロアチア戦の戦略:

« イングランドから学ぶこと | Main | 夜空のさき(24) »