« 僕が僕に出会うさき(3) | Main | 街を歩こう:多摩地域(隔絶された公共圏、完結した自己コミュニティ) »

民主党代表選(信玄動く)

 きょうは、民主党の代表選ですね。昨日の朝の番組に、小沢一郎前副代表と菅直人元代表が出演していました。

 考えてみると、このタイミングで、小沢さんなり菅さんがテレビに出るということは、千葉7区の補選に向けては、良い効果かもしれません。ちなみに千葉7区の補選は、元経済産業省で、前埼玉県副知事の齋藤健さんが自民党から出馬しています。齋藤さんとは、齋藤さんが通産大臣秘書官をおやりになられてから、たびたび、会合でお会いする機会を頂いておりますので、国政の舞台で、がんばって欲しいなぁと心から応援しております。また、齋藤さんは、『転落の歴史に何を見るか-奉天会戦からノモンハン事件へ-』の著者です。この本は、本当に良書なので、ご一読をお勧めいたします。

 さて、民主党代表選ですが、小沢一郎前副代表が選ばれるのではないか、と思います。すでに、菅直人元代表は、国政よりも東京都知事に目が向いていると、前々から言われております。次期都知事選挙で、現職の石原晋太郎知事が出馬しないケースは、菅直人議員が出馬する可能性が高いと言われております。ちなみに、石原知事が3選出馬するケースは、菅さんでも勝つのは難しいと思うので、暫く、国政に専念の可能性もあります。このあたりは、石原知事的表現を使えば、「ケ・セラ・セラ」ということでしょう。

 さはさりながらです。ここで、話し合いで一本化をしてしまえば、イメージ戦略としてはマイナスです。そこで、代表選を実施する必要性が高いのです。特に、小沢さんと菅さんの対決となれば、効果はバツグン。この数日のマスコミ報道を見ても、わかるように、この戦略は当っているわけです。本当なら、一騎打ちで、小沢さんが圧勝というシナリオが最も演出効果が高いのだと思います。菅さんは、ここで負けても、都知事選を目指しているのであれば、失うものは少ない、さらに潔さを発揮すれば、「火中の栗」を拾う度量の広さを見せたことも合わせてイメージ向上で、得るものの方が大きいと言えます。

 末松議員も出馬表明したようですが、中堅・若手を草刈場にしないという政治的なモチベーションということぐらいしか、現在のところ、メッセージ性がないような気がします。それか、メッセージがあっても小沢体制内でのポスト狙いぐらいでしか感じられず、その意味で、マイナス効果。今回は、変に名乗りを上げないほうが良かったのではないかとも思ったりします。むしろ、河村たかし議員の方に期待したいというところです。

 焦点は、幹事長人事でしょうか。小沢-菅体制とも言われていますが、菅さんは代表代行が良いのではないかと思います。本当は、藤井裕久氏が引退をしていなければ、それで現職なら、藤井さんの出番ではあるのですが。

 代 表:小沢一郎
 代表代行:菅直人
 副代表:鳩山由紀夫
      赤松広隆 
 幹事長:渡部恒三
 政調会長:枝野幸男
 国会対策委員長:仙谷由人
 全国常任幹事会議長:岡田克也
 役員室室長:達増拓也

 という感じではどうでしょうか。

 でも、小沢さんが民主党代表になったら、民主党の党内規律が、かなり厳しく締められるのだろうなぁと思います。若手・中堅どころは、雑巾がけということでしょうか。

 ポスト小泉的には、小沢さんに論戦で負けないというのも要素も入ってくるかもしれませんね。

 それよりも、前原・野田新党を作って、連立したりして。ただ、小沢さんが自民党の反小泉勢力に手を突っ込んだところで、今の状態では党を割るインセンティブは低いので、なかなか難しいですね。ポスト小泉では、党内融和も図られるでしょうし。

 つまり、民主党は分裂する可能性は否定できないが、自民党は、よっぽどエキセントリックなことがない限り、分裂はないとすると、やはり、勝負は総選挙ですか。小沢さんが民主党を立て直して、来るべき2009年の総選挙に打って出るというところでしょうか。

|

« 僕が僕に出会うさき(3) | Main | 街を歩こう:多摩地域(隔絶された公共圏、完結した自己コミュニティ) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/9468076

Listed below are links to weblogs that reference 民主党代表選(信玄動く):

« 僕が僕に出会うさき(3) | Main | 街を歩こう:多摩地域(隔絶された公共圏、完結した自己コミュニティ) »