« 地震キタ━(°∀°)━ !!!!! | Main | 残り:892,696歩 »

僕が僕に出会うさき(17)

 「なんとなく、わかるよ。それは、時には「運命の赤い糸」とも呼ばれる」と僕は言った。

 「運命の赤い糸とは違うのよ。ほら、赤い糸は、糸でつながっているわけじゃない。その糸が切れない限りは、つながっていられるの。でも、宝石はね、見つかるかどうか、わからないの」

「つまり、僕と君が、生まれる前に宝石を分けあった二人であるかどうかが、まだわからないということだね。もし、そうであれば、同化できるし、そうでなければ同化できない」

「同化できなければ、そこには残らない。ただあるのは、虚しさだけ。だから、人は別れるの。しかも、準備不足で、強引に合わせようとしたら、音を立てて崩れていくわ。だから、私は、まだ、あなたとセックスすることはできない」

|

« 地震キタ━(°∀°)━ !!!!! | Main | 残り:892,696歩 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 僕が僕に出会うさき(17):

« 地震キタ━(°∀°)━ !!!!! | Main | 残り:892,696歩 »