« 海のさき(4) | Main | 海のさき(5) »

永遠の野球少年たちへ:WBC優勝おめでとう

 王ジャパンの皆さん、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)優勝をおめでとうございます。

 一度は、地獄の底に突き落とされ、「王さんでもダメか」と、どうしても諦めきれないけれども、現実を直視しなければいけない、そうした辛い瞬間を乗り越え、偉業を達成してくれたことに、心から感動しました。

 ぼくたちの中に、アジアでは負けないだろうという、どちらかというと甘い考えがあったと思う。勝負は、第2次リーグの米国戦。準決勝の米国戦。そして、決勝のキューバもしくはドミニカ。こんな過信があったような気がする。
マスコミも、1位通過は、当然で、それを前提にローテーションを考えていたはずだ。

 しかし、現実は、韓国が強かったということだ。どの種目でも、世界への壁は韓国だ。隣国は、常にライバルなのだ。サッカーのFIFAワールドカップの日韓大会では、ぼくたちも韓国の人々も、お互いに「韓国よりも良い成績を」、「日本よりも良い成績を」ということを、心のどこかで持っていたはずだ。

 ライバル同士が切磋琢磨していくこと自体、素晴らしいと思う。一生懸命に努力しているからこそ、ライバルには負けたくない、そう思うのだ。そして、ライバルの活躍に、祝福する気持ちを持つ反面、悔しさも感じる。それが正当なライバル関係だろう。

 イチローは、その感情を包み隠さず、正直に、気持ちを前面に押し出していた。だから、アメリカで韓国に負けたとき、あれだけ悔しがったし、韓国との再戦が決まったとき、「2度負けた相手に、3度目の負けは許されない」という言葉が出た。

 そして、準決勝の韓国戦。彼らは、野球少年に戻ったと思う。ひたむきに勝つことだけを考えた。泥臭くても、点を取り、守る。その姿に、ぼくたちは幾度も感動を与えられた。

 「王さんを男にしたい」、こういう男気もあったかもしれない。

 プロは、人々に、そして子供たちに夢を与えることが仕事なのだ。その点で、新庄選手は素晴らしいプロだと思う。自分の記録だけではなく、自分のプレイで、人々に勇気を与え、元気にさせる。それがプロなのだ。イチローは、その両方ができるのだから、本当に素晴らしいプロ野球選手だと思う。

 もちろん、エンターテイメントだから、素晴らしいファインプレーも見てみたい。でも、もっと見たいのは、ひたむきに戦う姿勢だ。

 今日の試合、川崎がホームに滑り込んだとき、あの技術は素晴らしいが、それ以上に、点を取ることへの執念を感じた。イチローもはいつくばって、点を取った。松中も2度犠牲フライでタッチアップした。松阪の投球を見ていて、甲子園のマウンドで、松阪が投げていた夏を思い出した人も多いはずだ。

 いま、永遠の野球少年たちは、世界一という栄誉を得た。ぼくたちは、もっともっと誇りに思うべきだ。

 シドニーに、アテネに忘れてきたものを、彼らはようやく手にすることができたのだ。日本野球界の夢を実現してくれたのだ。

 王ジャパンは、最高のチームだった。彼らは、元の所属チームに戻り、王監督もソフトバンクに戻る。しかし、この世界一をさらに確かなものにするために、永遠の野球少年の挑戦は終わらない。アメリカに預けてきているものがある。それは、アメリカからの勝利だ。今年のシーズンオフに、東京でもニューヨークでも、アメリカ代表と再戦をするべきだ。それに勝利したとき、日本野球界の新たな歴史がスタートするはずだ。

 次は、FIFAワールドカップのドイツ大会。

 日本人が世界で活躍すること、それが日本にとって、最高の活性剤だ!

|

« 海のさき(4) | Main | 海のさき(5) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/9200216

Listed below are links to weblogs that reference 永遠の野球少年たちへ:WBC優勝おめでとう:

« 海のさき(4) | Main | 海のさき(5) »