« 究而愈々遠 | Main | 電話のさき(21) »

The West Wing 4th Season

 昨夜で、The West Wing 4th Seasonも終了。しかも、いつも通り、気になる終わり方で、終わりました。

 1st Seasonのときは、確かイラク戦争のときでした。4th Seasonの米国での放映は、2002-2003だったので、ちょうど、日本で1st Seasonを放映していたときだったわけだ。4th Seasonのラストでも、軍事行動が始まろうとしている。

 バートレット大統領(マーティン・シーン)が下院議長に大統領権限を一時的に委ねるところで、終わってしまいました。大統領が執務室から去るシーンは、とても寂しかった。レオ(ジョン・スペンサー)には、「お疲れ様」ではなく、「やはり、この国のリーダーはあなたです」と言って欲しかった。そして、委任するかどうかを決めるシーンで終わって欲しかった。

 なんか、下院議長は、嫌な感じだし。。。 これから大統領代行は共和党で、スタッフが民主党というので、うまく行くのでしょうか。こんなときに、ホインズが居てくれればと思うわけです。ホインズさえ、スキャンダルがなく、居てくれれば、「ジェド、ここは私に任せてくれ」と言ってくれただろう。

 まあ、辞任ではなく、休養なので、再び、バートレット大統領は戻ってくるはずなので、早く戻ってきてもらいたいと心から願うばかりです。

 4th Seasonは、サム(ロブ・ロウ)がホワイトハウスから去りました。これも寂しい。でも、3rd Seasonぐらいから、サムの位置付けが軽くなってきていたので、これも致し方がないかなとも思う。

 ウィル・ベリー(ジョシュア・マリーナ)も面白い。でも、4th Seasonでは、やはり、ジョシュ(ブラッドリー・ウィットフォード)が最高だった。昨年、米国に滞在していたときも、ブラッドが普通のテレビショーに出ていたときは、心が躍った。

 たぶん、The West Wing 5th Seasonは、今年の秋から。ぜひ、再び地上波で放映して欲しいものです。

 The West Wingの世界では、2006年が選挙の年。米国で放映中の7th Seasonでは大変なことになっているみたい。

|

« 究而愈々遠 | Main | 電話のさき(21) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/9111747

Listed below are links to weblogs that reference The West Wing 4th Season:

« 究而愈々遠 | Main | 電話のさき(21) »