« 電話のさき(8) | Main | 電話のさき(9) »

大町久美子

 島耕作の永遠マドンナ・大町久美子がいよいよ、常務島耕作に登場。待っておりましたよ。大町さん。
 やはり、大町久美子が出てこないと、島耕作ではないですよね。

 本当は、結婚していてもおかしくない二人であるが、「結婚」という形にとらわれず、自由な恋愛をするということで、確か、くっついたり、離れたりしてきたはず。これが大町久美子のポリシーであり、島耕作のポリシーでもあるはず。

 でも、本当にそうなのか?この前、ある女性は、「それは違う」と言っていた。その女性とは、なぜか「島耕作」論を戦わせることになったのだが、それから一週間も経たず、大町久美子が出てくるとは。

 その女性によると、大町久美子は、島耕作のことを愛しているし、島耕作のことを待っているという。それなのに、他の男性とくっつくというのは、それは島耕作が大町久美子のことを良かれと思って空けている距離感が、たまらず不満なのだという。

 島耕作も、最近はおなしくなってきている。とくに部長になってからは、派手には遊んでいない。それも、きっと大町久美子のことを想っているからではないだろうか。ヤング島耕作の頃は、謳歌しているし、課長時代もテーマは、仕事と女性だった(ような気がする)。課長時代から、大町久美子とくっついたり離れたり、タイミングとして、最も二人が良かった時代は、課長から部長に昇進して、ワイン事業に飛ばされるまでだろう。

 そのときに、二人は結婚という愛の形を選ばなかった。それは、なぜだろう。

 そして、いよいよ、インド編。大町久美子がやってきた。島耕作もいる。
 "May I come with you?"

 インドに役者が揃ってきた。いよいよ「常務島耕作」も最高潮か!?

 次は、「専務島耕作」で、いつかは「社長島耕作」が見てみたい。

 (ヤング島耕作は、主任編が始まったし。)

 でも、島耕作といい加治隆介といい、永遠の恋人が必ずいるんですよね(笑)

|

« 電話のさき(8) | Main | 電話のさき(9) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/8903894

Listed below are links to weblogs that reference 大町久美子:

« 電話のさき(8) | Main | 電話のさき(9) »