« 真夜中のさき(9) | Main | フットサル »

世の中はクリスマス

土曜日のクリスマス、車混んでいるし。デパート混んでいるし。
アンテノールのケーキが食べたくて、京王百貨店新宿店のアンテノールに行きましたが、買うまで30分ぐらいかかりましたよ。時計も携帯も持たず、ふらふらと買い物しに来たので、実際、どのくらい時間が経過したのかわかりませんでしたケド。新宿まで、いつもは車で10分もかからないのに、30分以上かかるし。。。
CDも持ってこなかったので、FMラジオを聴きます。クリスマス・ソングがかかります。切ないねぇ。。。

昼間は、用事で高速道路に乗ったのですが、首都高速がほとんど動かず。すぐに高速道路から下りて、暫く一般道を走りました。平井堅の「歌ばか」で、POP STARをリピートしまくり。
レインボーブリッジが好きですが、さすがにクリスマス・イブにレインボーブリッジ渡る度胸はありません。昔、5年前に夕方にレインボーブリッジを通過しようとしたら、1時間以上かかった経験があります。

こんな夜中に、原稿書いている僕は、たぶん、サンタさん的には悪い子なので、サンタさんは来てくれないと思うのですが、東京スポーツにこんな心温まる記事が。(東京スポーツ読んでディープインパクトの相手を考えている時点で、サンタさん的にはNGな気がしますが)
-------------------------------------------------------
「クリスマスイブの深夜、トナカイの配達を特別に許可します」-。米メリーランド州のアーリック知事は23日までに、感染病予防のためトナカイなどの搬入を禁じる州法に例外を認める宣言を出した。「トナカイが入れないなら、どうやってサンタクロースは来るの」。米紙ワシントン・ポストによると、学校で先生からこの州法の存在を聞いたリッキー君(10)は不安になった。帰宅すると早速、同州議員を務める父親のインパレリア氏に相談。「不意を突かれた。リッキーは正しい」。同氏のロビー活動の結果、知事は「良い子にプレゼントを配る目的に限り、赤い鼻のトナカイが24日深夜、メリーランド州上空を飛行することを認めます」との宣言を出した。

東京スポーツ平成17年(2005年)12月25日(日曜日)27面
-----------------------------------------------------

いいお話ですね。クリスマスだからこその温かみのあるお話ですね。the west wingでも、毎シーズン、クリスマスの話があって、人道的、倫理的なお話や心温まる話、考えさせられる話があるわけですが、クリスマスの特別番組もぜひこうした趣きが欲しいですね。僕は、ディケンズの「クリスマス・キャロル」が好きなわけですが、あれもクリスマスならではのお話。

メリークリスマス!

|

« 真夜中のさき(9) | Main | フットサル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/7815915

Listed below are links to weblogs that reference 世の中はクリスマス:

« 真夜中のさき(9) | Main | フットサル »