« 真夜中のさき(11) | Main | 真夜中のさき(12) »

I Love You-クリスマスに捧げる神の言葉-

文章を書く仕事をしていて思うことは、文章とは神との対話の中で生まれるものであるということ。
まさに、僕たちは、無意識の中で耳を澄まして、神の言葉を聞こうとしている。そして、その言葉を得たとき、人々を感動させるような文章が書けるんだ。

僕たちは、神々の使徒として、神々のスピーチライターとして、神の言葉を、無意識の中で得て、意識の中でそれを文字という形に変換する。

それが、僕の使命だ。

僕は、サンタクロースに、何かをおねだりするとしたら、「言葉」が欲しい。彼女の心にしっかりと届く僕の「言葉」が。そして、初めて僕は、他の誰のためにではなく、僕のために、そして君のために、この言葉を、君に捧げる。

"I Love You"

そして

「僕は、どんなときも、ずっと君の中にいる」

|

« 真夜中のさき(11) | Main | 真夜中のさき(12) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/7857947

Listed below are links to weblogs that reference I Love You-クリスマスに捧げる神の言葉-:

« 真夜中のさき(11) | Main | 真夜中のさき(12) »