« 今夜、夢の中で君に出会う-再会、そして僕の欠落と忘れ物-(24) | Main | 今夜、夢の中で君に出会う-再会、そして僕の欠落と忘れ物-(26) »

今夜、夢の中で君に出会う-再会、そして僕の欠落と忘れ物-(25)

 「私は死んだんじゃない。肉体を消滅させることで、永遠の命を手に入れたの。全ての不幸から解放されて、喜びと楽しみ、幸せしかないこの世界で永遠に生きるために」

 「ねえ、ユキコさん。それを死と呼ぶんだよ。それに、もしあなたが幸せになることが、その死の目的であったとするならば、その代償はとてつもなく大きかったんだ。あなたからの手紙には、不倫のこと、僕と寝ていた理由、全てが書かれていた。そして、僕のことを愛してくれていたということも。真知子は、頭で理解しても、感情では理解できなかった。だから、僕を責め、自分を責めたんだ」

 「僕は、この場所で、あなたに出逢って、初めて気が付いた。僕の欠落は誰のせいでもない。いろいろなことを理由にして、僕が自分の殻の中で、閉じこもっていたこと自体なんだ。それを心の底のどこかで、あなたのせいにして、ユミのせいにして、麻衣のせいにしていただけなんだ。僕は、その殻を打ち破って、何も着飾ることなく、素のままの自分で外に出なければいけないんだ。ずっと、僕はそれができていなかった。それが僕の欠落なんだ」

 ユキコさんは、泣き崩れたていた。そのとき、隣から声が聞こえた。

|

« 今夜、夢の中で君に出会う-再会、そして僕の欠落と忘れ物-(24) | Main | 今夜、夢の中で君に出会う-再会、そして僕の欠落と忘れ物-(26) »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 今夜、夢の中で君に出会う-再会、そして僕の欠落と忘れ物-(25):

« 今夜、夢の中で君に出会う-再会、そして僕の欠落と忘れ物-(24) | Main | 今夜、夢の中で君に出会う-再会、そして僕の欠落と忘れ物-(26) »