« 今夜、夢の中で君に出会う-再会、そして僕の欠落と忘れ物-(14) | Main | 原稿落ちる?? »

今夜、夢の中で君に出会う-再会、そして僕の欠落と忘れ物-(15)

 僕は、「ユキコさんは、本当に魅力的な女性だと思います」と言うと、彼女は「ありがとう」と小さく囁き、僕の口唇に彼女の口唇を重ねた。僕は、思いっきり目を見開いた。僕は、自分に起きている出来事を理解することが、とてもではないが不可能だった。そのうち、彼女は自分の舌を僕の口の中に入れて、僕の舌に絡ませた。僕は、目をつぶって、不器用に僕の舌で彼女の舌をなぞった。そして、彼女は口唇を離し、「ねえ。私としよう」と言った。

 僕は、そのまま後ろに倒れて、彼女が上になった。彼女は、僕の着ているものを少しずつ剥いでいき、自分の着ているものを脱いだ。僕は彼女に誘導されるがままに、彼女の身体を撫でた。彼女は、手で僕のペニスを持ち、自分の中に導いた。そして、彼女と僕はひとつとなった。彼女は僕の上に乗ったまま、ゆっくりと腰を動かし、僕は今まで雑誌などで得た僅かな知識を頭の中でいろいろと思い出そうとしたが、その前に、僕は彼女の中で果ててしまった。僕が果てると、彼女はそれを全て受け止めて、そして、受け止めた後、彼女は力が抜けたように僕に覆いかぶさってきた。僕も全ての力が脱力して、呆然と天井を見つめていた。

|

« 今夜、夢の中で君に出会う-再会、そして僕の欠落と忘れ物-(14) | Main | 原稿落ちる?? »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 今夜、夢の中で君に出会う-再会、そして僕の欠落と忘れ物-(15):

« 今夜、夢の中で君に出会う-再会、そして僕の欠落と忘れ物-(14) | Main | 原稿落ちる?? »