« 今夜、夢の中で君に出会う-再会、そして僕の欠落と忘れ物-(12) | Main | 今夜、夢の中で君に出会う-再会、そして僕の欠落と忘れ物-(14) »

今夜、夢の中で君に出会う-再会、そして僕の欠落と忘れ物-(13)

 「僕は、歴史の勉強をしてみたいです」

 「歴史というと、日本史?世界史?」と彼女が聞くと、僕は「四大文明とか。文明の起源とか、そういうのを勉強したいです」と答えた。

 「考古学ね。それって、素晴らしいわ」と、ユキコさんは言った。

 僕は、少し心が躍るような感じで「素晴らしいですか?」と聞いた。

 「しっかりと、自分のやりたいことを持っているって、素晴らしいじゃない」と彼女は言った。僕は少し照れながら、「ありがとうございます」とお礼を言った。

 「君って、かわいいわね」と彼女が言うと、僕は本当に恥ずかしくなり、身体が小さくコンパクトにまとまりそうな感じになった。

|

« 今夜、夢の中で君に出会う-再会、そして僕の欠落と忘れ物-(12) | Main | 今夜、夢の中で君に出会う-再会、そして僕の欠落と忘れ物-(14) »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 今夜、夢の中で君に出会う-再会、そして僕の欠落と忘れ物-(13):

« 今夜、夢の中で君に出会う-再会、そして僕の欠落と忘れ物-(12) | Main | 今夜、夢の中で君に出会う-再会、そして僕の欠落と忘れ物-(14) »