« いま、そこにいない、君の姿を追いかけて | Main | 今夜、夢の中で君に出会う-再会、そして僕の欠落と忘れ物-(11) »

今夜、夢の中で君に出会う-再会、そして僕の欠落と忘れ物-(10)

 バスの窓からは、小さな子どもは黄色い雨合羽を着ていて、母親と一緒に歩いている姿が見えた。僕は、その姿を微笑ましく眺めていた。

 真知子の家の近くの停留所にバスが着いたとき、ちょうど、反対側の停留所にもバスが着いた。そのバスから、真知子のお姉さんのユキコさんが降りてきた。彼女は、バスを降りたあと、道路を渡ろうと、信号が変わるのを待ち始めた。僕は、ユキコさんの姿を見て、なんだか嬉しくなるというか心がドキドキして心拍数が高まった。そして、少し呆然とユキコさんのことを眺めていた。すると、ユキコさんは、僕に気が付いたらしく、僕に向かって手を振った。僕は恥ずかしがりながら、頭を下げて、会釈した。

 信号が変わると、ユキコさんは、こちらに渡ってきた。僕の心拍数は最高潮になった。ユキコさんは、「こんにちは」と言った。僕も「こんにちは」と言った。

|

« いま、そこにいない、君の姿を追いかけて | Main | 今夜、夢の中で君に出会う-再会、そして僕の欠落と忘れ物-(11) »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 今夜、夢の中で君に出会う-再会、そして僕の欠落と忘れ物-(10):

« いま、そこにいない、君の姿を追いかけて | Main | 今夜、夢の中で君に出会う-再会、そして僕の欠落と忘れ物-(11) »