« 愛と欲望の絶え間ない交換-不安定的な秩序・市場-(13) | Main | 愛とはなにか »

三浦海岸物語

 先週の火曜日から木曜日まで、2泊3日で仕事のために、三浦海岸に行ってきました。この夏は、富山のKeyfunさんのところに1泊2日しただけで、旅行という旅行ができませんでした。去年は、沖縄とかも仕事ながら行ったのに・・・

050928_125101


 まあ、今年の場合、5月と6月に米国にいたわけで、夏休みがなくても、仕方がないわけで。。。2月に上海にも行きましたし。リニアモーターカー乗ったし。次は、米国はもちろん行きたいわけですが、欧州に行きたいと思います。ギリシャとか、南フランスとか。スイスもいいなぁ。オランダもいいなぁ。と思っております。ジュネーブは、この1年間のうちのどこかで、行きたいと考えております。

 話は戻りまして、三浦海岸なわけですが、便利ですね。火曜日に行ったのは、夜だったんですけど、品川発の京急ウイングに、200円追加料金を払って乗りましたもので、あっという間に上大岡。川崎、横浜を通過させるあたりが、京急らしい速さ。

 夜なわけで、真っ暗で、迷いました。携帯電話のGPS機能使っても、その地図に行き先が載っていないから、どうすればいいかわかりません。ここは、道を聞こうと、健康のために、ウォーキングしている女性二人に、「あの~」と声をかけてみる。こちらは、リュックに、手持ちカバン、肩からプロジェクタをかけているという、どこから見ても、怪しい敗残兵。でも、その女性の一人は、その宿泊先で働いているようで、丁寧に案内をしてくれました。案内というか、宿まで連れて行ってくれました。

 山を越え、岡を超え、みかん畑を超え、電灯のないあぜ道を通り、ようやく宿につきました。

 うーん、これで、小人とか出てきたら、まさに、村上春樹ワールドなのになぁ・・・

050928_124002

 翌日は、10分だけ、海辺で休憩。なんか見覚えがあると思ったら、只野仁の歩いている海岸線?(エンディングロールのときの場面)かと思ってしまいました。なので、只野仁なみに、歩いてみました。バックミュージックは、ラブレター。

 海岸線でぼーっとしていて、「半島の先」という題名の新作を思いつきました。いま、書いているのに、「神々に捧げる詩」というのと「妖精を探す旅」というのがあります。それと、「君は僕のシンデレラ」というラブロマンスなども。現在連載中の「今夜、夢の中で君に出逢う」は、11月中には終わる予定なので、その後、どうするか、悩んでおります。短編をいくつか掲載するか、それとも長編で来年の春まで行くか。どうしましょうかね。

|

« 愛と欲望の絶え間ない交換-不安定的な秩序・市場-(13) | Main | 愛とはなにか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/6227045

Listed below are links to weblogs that reference 三浦海岸物語:

« 愛と欲望の絶え間ない交換-不安定的な秩序・市場-(13) | Main | 愛とはなにか »