« 今夜、夢の中で君に出会う-再会、そして僕の欠落と忘れ物-(4) | Main | You Can Do It ! »

Let Shumpei Be Shumpei

 前々から書いていると思うのですが、ぼくの性格はどちらかというと、石橋を叩いて渡るタイプだと思っています。いろいろなことを考えて、最終的には、中道路線を選択していたと思います。でも、それでは、「自分」の喜びが少ないことを感じ始めました。もっと、わがままでもいいのではないかと。もっと、言いたいことを言ってもいいのではないかと。自分の中で、どうしても人に嫌われたくない、良い子でいたいと思って、抑止力をかけていた部分があると思います。これは、ある人には「アダルト・チルドレン症候群」だと指摘されたことがあります。

 僕は、着飾った言葉でもなんでもないかもしれませんが、これからは「自分らしく」をテーマに素直に積極的に、自分を信じて前に進んでいきたいと思います。

 まず、当分の方針は、

 "Let Shumpei Be Shumpei"で、壁にぶつかるのであれば、積極的にその壁にぶち当たって行こう、高い壁が目の前にあるのであれば、アイルランド人がそうしたように、帽子を投げて、果敢に壁を乗り越えようと。なぜ、帽子を投げるのかって?帽子を取るために、壁を越えないといけないからです。

 ということで、まずは、最初の壁にぶつかっていきたいと思います!人間には困難を克服し、偉業を達成する能力を持っていることを信じ、必ず、困難な目標を達成したいと思います。

|

« 今夜、夢の中で君に出会う-再会、そして僕の欠落と忘れ物-(4) | Main | You Can Do It ! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/6770061

Listed below are links to weblogs that reference Let Shumpei Be Shumpei:

« 今夜、夢の中で君に出会う-再会、そして僕の欠落と忘れ物-(4) | Main | You Can Do It ! »