« 青い蝋燭(8) | Main | 青い蝋燭(9) »

失踪の仕方

 よく、家出をする人が「探さないでください」と書置きとして残していくという話があります。

 でも、本当に、この人は「探して欲しくないのでしょうか?」と、僕は、今日の帰り道に頭が一杯になりました。他のことが考えられないほどに。

 たぶん、本当に「探して欲しくなくて失踪する人」は、黙ったまま失踪します。手がかりを全く残さずに失踪するはずです。その方が、まず失踪したということが判明するまで時間が稼げます。その時間を稼げることによって、見つけられる確率は低まります。こう考えると、「探さないでください」と手がかりを残すことで、見つけられてしまう確率はかなり上がってしまうわけです。

 ご丁寧にも、失踪理由も書いてくれていたり、「私の思い出の場所に旅立ちます」とか、もう「見つけてください」と言わんばかりの手紙を残す場合もあります。

 つまり、「探さないでください」というのは、何かしらの別のメッセージが込められているということなのですね。例えば、「何かを反省してください」とか、もしくは、まだ関係を全て切る段階までに至っていない。最後の一本の糸を残しているということでしょうか。

 こんなことを考えていたので、意見を求めたくて、ある人にメールを送ろうとしたのですが、冷静に考えると、いきなりこんなメールが来ても、迷惑をかけるだけで、それこそ、次から口も聞いてくれなくなるかもしれないので、やめておきました。

 そういえば、昔、ある女性と付き合っていたとき、電話で喧嘩になりまして、「ガチャン」と電話を切られまして、その後、電源オフ状態になったことがありました。それで、家にも帰っていなくて、心配で新宿中を朝まで探したことが、学生の頃、ありましたね。あの頃は、まだ若かったなと思います。ドラマのようでした。(特命係長只野仁?)

 人を見つけるというのは、なかなか大変です。失踪するときは、手がかりを極力残さないよう、決して、「探さないでください」という書置きだけはやめておきましょう。

 ※なにがなんだか、わからなくなってきたので、今日はこのへんで。

|

« 青い蝋燭(8) | Main | 青い蝋燭(9) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/5317367

Listed below are links to weblogs that reference 失踪の仕方:

« 青い蝋燭(8) | Main | 青い蝋燭(9) »