« 豚しゃぶしゃぶ紅月 | Main | 政策戦略論 »

無信不立

 世の中には、いろいろと「許せないこと」があるのですが、例えば、メールとかブログとかで、「ですよ」と書くところ、「ですょ」とか書くのは許せません。「美しい日本語を守る会」会員として、日々、美しい日本語を使おうと努力しているぼくとしては、簀巻きにして、東京湾に投げ込みたいぐらいの憤りを感じます。
 ※もちろん、実際に、簀巻きにして、東京湾に投げ込むようなことはしませんけど!

 そのようななかで、もっとも「許せないこと」は「約束を守らない」ということであります。

 もちろん、人間、いろいろな事情がありますから、「約束の時間を守れない」とか「約束の納期を守れない」とか、約束の延期ということは、多々あります。それはそれで、仕方がないと思います。BESTではないけど、Betterではあるかなと思います。

 ただ、「約束」が実行されないとか、「約束」の中身が変わるとか、そもそも「約束」が白紙になるということ、「約束」を反故にすること、もちろん、人間、いろいろな事情がありますから、「良い」とは言えないけど、そのようなケースがあるのは仕方がないと思います、そうしたことが理不尽に、非論理的に行われることが許せません。

 ぼくの座右の銘は、「無信不立(信無くば、立たず)」です。ぼくがサインをするとき、添える言葉は、この言葉かもしくは、「学則不固(学びてすなわち、固くなならず)」です。

 どちらも孔子の「論語」の言葉です。

 約束が簡単に反故されるような社会がどうして上手くいきますか。性悪説に立てば、その約束を担保するために、契約が必要ですし、また、その履行のために、ルール、法律、そして制度が必要になります。

 ぼく自身は、他人がどうであれ、「約束」は必ず守るように努力していきたいと思っています。

|

« 豚しゃぶしゃぶ紅月 | Main | 政策戦略論 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/5578213

Listed below are links to weblogs that reference 無信不立:

« 豚しゃぶしゃぶ紅月 | Main | 政策戦略論 »