« 青い蝋燭(2) | Main | 自信のある人 »

生き生きと生きる方法

"Master of Life"

 ぼくが、もう十数年前に初めて書いた詩の題名です。「人生、楽しんで生きましょう」ということです。

 ぼくは、いま、ぼくの人生を楽しんで生きているのでしょうか。苦しいこととか辛いこと、悲しいこと、寂しいことなどもあると思いますが、客観的に見ると、自分の人生、なかなか好きに生きているような気がします。そういう意味で、ぼくは幸せなんだと思ったりします。研究して、小説書いて、こうしてコラム書いてと、なかなか楽しい人生だと思います。これも、ひとえに、いろいろな方々に支えていただいているからでありまして、心からの感謝の気持ちでいっぱいです。

 さて、こんなぼくが偉そうなことは言えないのですが、ぼくができるアドバイス。「生き生きと生きる方法」

 君は、本当に素晴らしい。ぼくは、そう思います。とっても魅力的で、少なからず、ぼくは君に魅了されている。

 だから、君がもし自分の素晴らしさに気が付いていないのであれば、それに気が付いて欲しいんだ。自分の良さを、自分の魅力を、自分の素晴らしさをもっともっと知って欲しい。そして、信じて欲しい。胸をはって、君はもっと、前を向いて、歩みを少しずつ進めて欲しいんだ。

 もし、君が、自分に自信をもっていないのであれば、鏡の前で、自分をもう一度見てごらん。ぼくも、落ち込んでいるときや自信がないときは、鏡の中のぼくを見ることは本当に嫌気がさすけれど、目をそらさないで、見つめてごらん。きっと、君の笑顔がそこにあるから。

 人間誰にでも、辛いとき、悲しいとき、苦しいとき、寂しいときがある。でも、明けない夜がなく、沈まぬ太陽がない限り、次はきっと、少しでも良いことがある。

 ぼくらは、それを信じて、何が起きるかわからないけど、とにかく前に進んでみよう。

 それが、ぼくの「生き生きと生きる方法」

|

« 青い蝋燭(2) | Main | 自信のある人 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/5209790

Listed below are links to weblogs that reference 生き生きと生きる方法:

« 青い蝋燭(2) | Main | 自信のある人 »